教育理念・教育方針 SP幼稚園の保育・特徴 園舎 地図 入園・編入の流れ
理事長・園長挨拶 1日の流れ 制服 入園料・保育料
SP幼稚園の概要 年間行事 保育時間 必要書類と入園前準備
定員

          

SP幼稚園の保育・特徴


 日本語を大切にしながら日常からの国際理解



 SP幼稚園では幼児期において、まず母国語である日本語で豊かな表現力と高い理解力・
論理的思考の基礎をしっかりと身につけることが重要だと考えています。
 しかし、外国に住むにあたり、国際社会で広く使用されている英語に親しむ機会も大切です。SP幼稚園では、毎日ESLの時間があり、専任のESL教師と英語の楽しい時間を過ごします。『大好きなESLの先生と話したい!』『よりたくさんの人とお話できるようになる!』英語を「学習」としてではなく、コミュニケーションスキルの一つとして認識させることで、英語(異言語)で話したい・聞きたいという気持ちを高めます。
 また、3セクションが同じ敷地内に在るという恵まれた環境のSP幼稚園。日本人としてのアイデンティティーを大切にしながら、日常の中で、英語・タイ語・日本語の多言語・多文化・多習慣が入り混じり合い、言葉や「文化・習慣が違う人が居て当たり前」という環境の中で「共生」して過ごし、多文化を理解する深い見識力や複数言語に対する柔軟な姿勢や協調性を育みます。











当たり前の事を当たり前に



人には思いやりを持って接する、自分でこぼしたら拭く、ゴミは拾う、挨拶をする、食や自然の恵みに感謝する・・・等、人として当たり前の事を当たり前にできる人間になって欲しいとSP幼稚園は願っています。三つ子の魂百まで。小さいうちに培ったものは、人間形成の基礎となります。幼稚園での集団生活・多様な経験を通して、ルールとマナーを身に付け、人との関わりを経験し、人として善の行いができる人間に育つよう導いています。






深い思考力と活動力



 SP幼稚園は、自ら遊びを選び、工夫して思い切り遊ぶ時間を大切にしています。また、静と動の活動をバランスよく取り入れ、落ち着いて話を聞くことや、集中して取り組む時間、規律ある活動を各発達段階を考慮しながら取り入れています。諸活動をする中で、興味の種まきをし、子ども自身が意欲的に『聞いて』・『見て』・『考えて』取り組むよう援助しています。









Three sections one school



 タイ人部・インター部・日本人部が同じ敷地内にあるというバンコクでも稀な恵まれた環境を活かし、タイやインターナショナルな行事も文化理解として取り入れています。又、タイ人部・インター部と合同で行なう行事では、「タイ語」「英語」「日本語」が飛び交うSP幼稚園。
園児は、日常活動の中で、多言語・多文化・多習慣に接しています。







日本人としてのアイデンティティーを大切に



 異国の地、バンコクでの貴重な生活を大切にしながらも、日本の情緒ある季節感や習慣・伝統的な文化を保育の中に積極的に取り入れ、日本人の細やかな情感や感性や挨拶・礼儀・感謝の心などの社会的規範を大切に育みます。









多種多様な運動遊び



 SP幼稚園では、体操の時間や園庭遊びの中で、身体を使った「多様な動きを作る運動遊び」を積極的に取り入れ、バランス感覚と運動機能の発達を援助しています。子どもの体力低下が叫ばれている昨今ですが、SP幼稚園は積極的に運動に親しむ素養を培います。








毎日の生活のリズム作りから一年のリズム作りへ



 SP幼稚園は、集団生活の中で、思い切り遊びながらも、集中して活動する時間や規律ある活動を各年齢に考慮しながら、静と動をバランスよく取り入れるようしています。
また、タイという年中暑いバンコクの生活を大切にしながらも、日本の情緒ある季節感・日本の習慣や伝統的な文化を保育の中に積極的に取り入れています。タイ人部・インター部・日本人部が同敷地内にあるという特色的な環境を活かし、タイやインターナショナルの行事も取り入れています。多くの行事を取り入れることで、日々のリズム作りから、一年のリズム作りをしています。











食育



 食育活動を通し、食に感謝し、食の意義や食べ物の大切さを身に付けたり、マナーを守って望ましい食の習慣を付けるよう援助しています。少ない量を盛り、完食の喜び・満足感を職員と共に味わっています。食べ終わった食器も園児自身で片付けます。年中以上は、おかわりは自分で食べられる量を考え、園児自身で配膳します。


※年少からは、箸の使用をします。








その他 SP幼稚園の特徴



  • 毎日、専任のESL教諭によるESL(英語)の保育(最々年少・最年少は週3回)
  • 体操・水泳専任教諭による体操・水泳活動
  • 年長クラスは、英語によるコンピューター指導
  • 年少〜年長クラスは、週1回、タイ人教諭によるタイ語・タイ文化活動の時間
  • ティームティーチングによる園児の指導・把握
  • 季節や節目を感じる豊富な行事
  • 紫外線対策の為の大きなひさしのある庭園
  • 一年中活動できる大きなプール
  • 同敷地内にあるインター部・タイ人部との相互交流
  • バス通園と給食(月に一度のお弁当会有)
  • 保育後の課外保育の充実(要別途課外保育代)











Copyright(C)Seeh Phinong International Kindergarten All Rights Reserved
SP幼稚園 Sukhumvit Soi49(Akapat) Klongton Nuea, Vadhana, Bangkok 10110 THAILAND Tel:+66-2-185-2715