教育理念・教育方針 SP幼稚園の保育・特徴 園舎 地図 入園・編入の流れ
理事長・園長挨拶 1日の流れ 制服 入園料・保育料
SP幼稚園の概要 年間行事 保育時間 必要書類と入園前準備
定員


SP幼稚園 概要



基本情報



施設名
Seeh Phinong International Kindergarten
(略称  SP International Kindergarten,SP幼稚園)
住所
95 Sukhumvit 49(Akapat) Klongton Nua,
Vadhana, Bangkok 10110, THAILAND
TEL
02-185-2715(日本からお掛けの際は、国番号66が必要です)
FAX
02-185-2705(日本からお掛けの際は、国番号66が必要です)
WEB
www.spn.ac.th/japanese/html (日本人部)
E-Mail
nakayoshinikoniko@hotmail.com (日本人部)
創設年度
1992年11月(日本人部)
理事長
Mr.Varavut Wongvises(ワラウット ウォンウィセー)
日本人部園長
Ms.Kayo Murakami(村上 佳代)
インター部園長
Ms.Gillian Sugiama(ジリアン 杉山)
タイ人部園長
Ms.Varaporn Prapasongsith(ワラポーン プラパソンシット)



SP幼稚園の歴史




1976年(B.E2519)にLt,Gen.POON(プン元大佐)とMrs.Juree Wongvisesが4人の子息の意味を冠した『4人兄弟』という
名前の幼稚園『ロンリエン アヌバーン シーピーノーン』タイ人部を創設。
タイ人部に続き、1992年11月、理事長ワラウットが日本人教諭を招いて、同敷地内にインター部・日本人部を創設。
1997年にタイ文部省により、インター部・日本人部がInternational Kindergartenとして正式認可を受け、理事長・理事
会統括の下、「タイ人部」「日本人部」「インター部」の3sectionで運営がされています。






SP幼稚園日本人部とは



正式名称Seeh Phinong International Kindergarten,在タイ日本人の間では、“SP幼稚園”と呼称されています。タイ人部・
日本人部・インター部の3sectionが同じ敷地内にあり、タイ文部省に正式認可されているインターナショナル幼稚園です。
日本人部は、日本の文部科学省の教育要領を基本に、タイ文部省から認可されているインター校としてのプログラムを
弾力的に取り入れ、日本語で保育を行なっています。



SP is licensed by Ministry of Education in 1997 and member of the International Association of International 
School in Thailand(ISAT).
Seeh Phinong International Kindergarten is accredited by Office of the National Education Standards and Quality
 Assessment(ONESQA
)






Copyright(C)Seeh Phinong International Kindergarten All Rights Reserved
SP幼稚園 Sukhumvit Soi49(Akapat) Klongton Nuea, Vadhana, Bangkok 10110 THAILAND Tel:+66-2-185-2715